Easy life with Chiffon

~愛犬シフォンとの気ままな日々やライフスタイル~

ふわっと優しい春風のようなメレンゲスイーツ♪  ベリーのパブロバ

スポンサーリンク

 

チューリップとカモミールで春らしく

Tulip & German Chamomile

 

チューリップを飾ったら、ダイニングテーブルが一気に華やいだ感じに・・・。

淡いピンクで根元がほんのり黄色いチューリップが『バルセロナビューティ(Barcelona

Beauty)』、鮮やかな紫色のチューリップが『パープルフラッグ(Purple Flag)』です。

カモミールからは、林檎の果実のような甘い香りが・・・♪

 

気分が上がったところで、今日はスイーツを作ろうと思います。

春風のようなイメージの、ふんわりかる~いメレンゲのお菓子です。

ニュージーランドの伝統的な焼き菓子で、パブロバ(Pavlova)というスイーツです。

 

 

ニュージーランドの伝統菓子☆ベリーのパブロバ

ニュージーランドの伝統的な焼き菓子☆パブロバ


パブロバは、たまごの卵白だけを使ってメレンゲ状に泡立てたものを、オーブンでふん

わりと焼いて、生クリームとフルーツをトッピングした焼き菓子です。

 

ニュージーランドでは、クリスマスやお祝いの席など、家族や仲間が集まる特別な日に

食べるデザートで、子供から大人までみんな大好きなスイーツなんです。

手軽にできてとっても美味しいので、おすすめですよ♪

 

 

 

🍓🍓 材料 🍓🍓

  • 卵白            3個分
  • きび糖           120g
  • コーンスターチ       大さじ1
  • レモン汁 or お酢        小さじ1
  • バニラエッセンス      適量
  • ヒマラヤンピンクソルト   ひとつまみ
  • 生クリーム         200ml
  • グラニュー糖        小さじ2
  • フルーツ(いちご・ブルーベリー・キウイ)

 

🍓🍓 レシピ 🍓🍓

 

 フルーツを洗って、水気を切っておく。いちごはヘタを取って半分にカットし、   キウイは皮をむいて輪切りにしたものを4等分しておく。
 オーブンは150℃に温めておく。

 

 1. ボウルに卵白と塩を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。

 2. 白っぽくふわっとしてきたら、きび糖を少しずつ加えながら泡立てる。    

     ※このレシピでは、グラニュー糖ではなくきび糖を使用しています。

 3. ツヤがでてしっかりとしたメレンゲになったら、バニラエッセンス、レモン汁、
     コーンスターチを加えて、ゴムベラでさっくりと混ぜる。

 

  パブロバのメレンゲ

 

 4. オーブンシートを敷いた天板にメレンゲをのせて、直径15cmほどの丸型にする。

 

  メレンゲ菓子パブロブのレシピ・焼く前の状態

 

 5. 150℃に予熱しておいたオーブンを120℃に下げて、約90分~100分焼く。

 6. 焼きあがったら、そのままオーブンに1時間ほど入れたままにしておく。

    ※焼き上がってすぐにオーブンから取り出すと、メレンゲがしぼんでしまいます。

 

  焼きあがったパブロブ☆メレンゲ菓子

 

 8. 生クリームにグラニュー糖を加え、八分立てに泡立てる。    

     ※メレンゲが甘いので、生クリームに入れるお砂糖は控えめがおすすめです。

 9. 泡立てた生クリームをメレンゲの上にふんわりとのせ、いちご、ブルーベリー、

    キウイをトッピングし、最後にミントを飾る。

 

 出来上がり~♪

 

完成♪ フルーツたっぷりのメレンゲ菓子☆ベリーのパブロバ

完成♪ ベリーのパブロバ

 

 

 

 

 

パブロバの材料はシンプルで、レシピはとっても簡単です♪

ポイントは、とにかく卵白をしっかりと泡立てて、ふわふわのメレンゲを作ること!

そして、焼き上がってもすぐにオーブンを開けてはいけません(笑)。1時間我慢です!

 

メレンゲに加えるお砂糖の量には驚きますが、とっても甘~いメレンゲに甘さ控えめで

あっさりとした生クリーム、そして甘酸っぱいフルーツのバランスが最高なんです。

伝統のスイーツは、一度食べたらクセになる味ですよ❣

 

 

  生クリームとフルーツをたっぷり飾ったメレンゲ菓子☆パブロバ

 

材料もレシピもシンプルなのに、ふんわりとのせた生クリームと、その上にトッピング

した色鮮やかなフルーツたちが、素朴なメレンゲのお菓子を華やにしてくれます。

お子様と一緒にお好みのフルーツをデコレーションするのも、きっと楽しいですよ♪

 

 

  宝石のようなベリーのパブロバ

 

ニュージーランドでは、季節によってトッピングするフルーツが変わり、味もデコレー

ションも、つくる人や各家庭によって様々です。

 

パブロバのレシピは、それぞれの家庭の味がおばあちゃんからお母さんへ、そして娘へ

と代々受け継がれていくのだとか・・・そういうのって、素敵ですね~♪

   

  

  メレンゲ焼き菓子パブロバ☆一人分にカット

  

パブロバをカットした断面はこんな感じです。

メレンゲの部分は、外側がサクッと軽くて、中はマシュマロのようにふわふわしていて

噛むとキャラメルのような食感もあり・・・さらに生クリームとフルーツの酸味が口の

中で調和されて、甘いけどさっぱりしている、不思議な味わいのスイーツなのです。

一度食べるとまた食べたくなる、というのも納得の美味しさです。

 

甘いものが食べた~い!という方におすすめのスイーツ、パブロバ♪

これからの季節、アイスクリームをはさんでみたり、甘夏のような甘酸っぱくて爽やか

な季節のフルーツをトッピングしてみたり、アレンジも楽しそう❣

この週末に、ぜひつくってみてはいかがでしょうか・・・♪
  

 

 

  

 

 

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ