Easy life with Chiffon

~愛犬シフォンとの気ままな日々やライフスタイル~

旅の備忘録 ☆ ベトナム編 Part4

スポンサーリンク

 

 

 ベトナム・ハノイの旅3日目は、ローカル路線バスに揺られてバッチャン村へ!

 

 

  Long Bien の街 車渋滞

 

滞在先のホテルからドンスアン市場までタクシーで行き、途中で水分補給用にミネラル

ウォーターを購入、歩いてロンビエン・バスターミナルへ! 朝から暑いです💦

大通りは交通量も多く、車とバイクのクラクションが鳴り響いています。

 

 

 

     ロンビエンバスターミナル in ハノイ

 

ロンビエン・バスターミナルの「47 BAT TRANG」と書かれたE3.2乗り場で、バスが

来るのを待ちます。バスは20分間隔くらいで出ています。

ツアーに参加してバッチャン村を訪れることもできますが、ローカルバスを利用すれば

バッチャン村まで一本で行けて、運賃も往復で100円かからないという安さです。

 

 

 

     ローカル路線バス in ハノイ


バスに乗車して座席に座っていると、係員の人が運賃を回収に来てくれます。

チュオンズオン橋を渡って、ホン河の土手を南へと走り、自然の中に牛がいたりする

ベトナムらしい景色を車窓から眺めていると、30分程で終点のバッチャン村に到着。

 

 

 

  バッチャン村 陶器小売センター

 

まずは、小さなお店がたくさん入っている陶器小売センターへ。

お皿やカップなど品ぞろえも豊富で、見ているだけで楽しめます。

バッチャン焼きは、15世紀頃から700年以上の歴史をもつ陶磁器なんです。 

 

 

 

  菊の花の絵柄のバッチャン焼きコーヒーフィルター

 

伝統的な菊の花の絵柄が素敵な、バッチャン焼きのコーヒーフィルター♪

菊の花は金運をあらわすのだとか・・・。

昔ながらのバッチャン焼きには、素朴なぬくもりがあります。

 

 

 

  コーヒーカップ バッチャン焼き

 

薄緑色の地に藍色の絵柄が美しいカップ&ソーサー・・・お気に入りです♪

かわいらしいスプーンもセットになっていました。




 

  鍋敷きとおたま バッチャン焼き


ノスタルジックな風景が描かれた鍋敷きと、シュールな赤トンボの絵柄のおたま♪

幸運を意味するトンボ・・・16世紀頃に、日本人がトンボの絵柄を最初にオーダーした

のが始まりで、今ではバッチャン焼きを代表する絵柄に。

 

 

 

  藁の手提げ袋 バッチャン焼

 

購入した陶器を入れてくれる、素朴な藁の手提げ袋・・・ベトナムっぽい♪

 

 

 

  バッチャン村

 

通り沿いにも、陶器のお店がたくさん並んでいます。

小さな食器から、こ~んな大きな壺まで、色も絵柄も形も豊富です。

 

 

 

  バッチャン村2

 

自分好みのバッチャン焼きを求めて、たくさんのお店を見て回ります。

飛行機で持ち帰ることを考えると、あまりたくさんは買えないので・・・迷います。

 

 

 

  お魚の絵柄がかわいいGAIAのニューバッチャン

 

GAIA(ガイア)の3色の魚(Ca Ba Mau)シリーズ・・・手描きの絵柄は一つひとつ異なり、

オーナーのHungさんが自ら手掛けたポップなデザインが新感覚のバッチャン焼き♪

実用的でありながら、飾っておいても可愛い、今の時代に合った作品です。

 

私たちが訪れた時は、団体のツアー客の姿もなく静かで、気になるお店をのんびりと

1時間ほどかけて周りながら、気に入った作品をGetすることができました。

バッチャン村を一通り見学して楽しんだ後は、再びローカルバスに揺られてハノイへ。

 

陶器好きな方にぜひ訪れていただきたい、バッチャン村でした。

次回ハノイの旅3日目の後半は、ホテルで優雅なアフタヌーンティーをいただきます。

 

                                                                         「旅の備忘録ベトナム編Part5」につづく

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへ