Easy life with Chiffon

~愛犬シフォンとの気ままな日々やライフスタイル~

グラスフェッドバターでつくる自家製Ghee(ギー)

スポンサーリンク

 

  ニュージーランド産グラスフェッドバターでつくる自家製ギー

 

こんにちは!

先日久しぶりに業務スーパーに行ってきました。

業務スーパーには、テレビなどでも紹介されたことのある人気の商品がたくさん

揃ってますが、我が家はグルテンフリーが基本のため、購入するものはだいたい

決まっていて、ほぼリピート品です。

 

 

 

ニュージーランド産グラスフェッドバター

 

ニュージーランド産グラスフェッドバター 無塩

New Zealand Grass-Fed Butter Unsalted

 

こちらのバターは、業務スーパーに行くと必ず購入するお気に入りのひとつです。

ニュージーランド産のグラスフェッドバターで、無塩バターになります。

今回は、このグラスフェッドバターで自家製ギーを作ります。

 

 

自家製ギーレシピ

 

1.鍋にバターを入れて、弱火~中火でじっくり溶かします。

  バターを焦がさないように火加減に注意します。

  ※バターの量が少ないと焦げてしまうため、450~500gが適量です。

 

  手作りギー レシピ① 

 

 

2.バターが溶けたら火を超弱火にして30分程煮詰めます。

  混ぜるとギーが濁ってしまうため、混ぜないようにします。

 

  自家製ギーレシピ②

 

 

3.しばらくすると、溶けたバターの表面に細かい泡が出てきます。

 

自家製ギーレシピ③



4.細かい泡がドーム状の泡に変化します。

 

自家製ギーレシピ④
自家製ギーレシピ⑤

 

 

5.ドーム状の泡がパチパチと音をたてて弾けて、水分がどんどん抜けていきます。

  ※弾けた水分が飛んでくるので火傷に注意!

 

自家製ギーレシピ⑥ ドーム状の泡が弾けて水分が抜ける
自家製ギーレシピ⑦ ドーム状の泡が弾けて水分が抜ける

 

 

6.30分程すると、余分な水分が全て抜けた状態になります。

  表面の泡が再び細かい泡に変化したら火を止めます。  

 

  自家製ギーレシピ⑧ 完成

 

 

7.キッチンペーパーを敷いたザルでこします。

 

  自家製ギーレシピ キッチンペーパーを敷いたザルでこす

                 

  不純物が取り除かれたギーの完成

 

加熱の過程で、無塩バターから乳タンパク・乳糖・水分などの不純物が取り除かれ、

非常に純度の高いオイルがつくられます。

 

 

8.煮沸消毒した保存瓶に移します。

 

自家製ギー完成品

 

淡い黄金色の自家製ギーが完成しました!

部屋中にギーのとってもいい香りが漂ってます。

 

ギーは常温保存ができ、酸化しにくく焦げにくい安定した飽和脂肪酸です。

他の油よりも消化吸収が良く、からだを温め内臓を浄化する働きがあるため、

便秘の改善やダイエット、デトックス効果も期待できるそうです。

また、抗炎症作用もあり、脳機能を向上させアンチエイジングにも効果的と

言われているオイルなんです。

 

ギーは加熱に強いので、炒め物やフライなどあらゆる加熱料理に向いていますが、

食用としてだけだなく、マッサージや治療にも使われている万能オイルです。

 

アーユルヴェーダで最高のオイルとされているギーですが、無塩バターがあれば

自宅で手軽に作ることができます。

ギーづくりに使用する鍋は銅鍋が最適のようですが、焦がさないように火加減さえ

注意すれば、普通のお鍋やフライパンでも問題なく作ることができます。

 

出来たてのギーは本当に美味しいですよ♪

ご興味のある方、ぜひトライしてみてくださいね!

 

 

ギーづくりの様子や、出来上がったギーを使ったお料理を動画で紹介してます。

よろしければ、ぜひご覧ください♪

 ↓ ↓ ↓

youtu.be

 

 

読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村